どくだみ茶 どくだみ ドクダミ 効能 効果

私がどくだみ茶を2年間愛飲している理由とは?

このブログは、息子私【薬剤登録販売員】2年間飲んでるどくだみ茶(ドクダミ)の効能・効果について漢方医学・西洋医学の多方面から、徹底的に調べて随時発信しています。

 

 

元々、どくだみ茶を飲みはじめたのは、息子のアトピー性皮膚炎を少しでも良くして辛いかゆみから救ってあげたいって理由でした。

 

 

運良く、私は当時息子が通っていた幼稚園のママ友が教えてくれた、どくだみ茶を子供(息子)に飲ませたところわずか3ヶ月アトピー性皮膚炎が改善しました。

 

私は、その事がきっかけで、私はどくだみ茶について異常な程興味がわいたのです。

 

 

そして、どくだみ茶(ドクダミ茶)の効果・効能そして、副作用について徹底的に調査(漢方医学・西洋医学)したら非常に興味深い事が分かってきました。

 

最近巷で噂される、どくだみ茶(ドクダミ茶)に

 

【アトピー性皮膚炎の改善】効果・効能があるの?

 

【デトックス・解毒作用・便秘解消・ニキビ改善】効果・効能があるの?

 

【痩身ダイエット】効果があるの?

 

【医学的根拠】はあるの?

 

 

そんな疑問にお答えしたいと思います。

 

 

 

初めまして、本サイト管理人のmikaといいます。

 

38歳の主婦(子供3人)で仕事は、調剤薬局薬剤登録販売員をしています。


 

 

私が、どくだみ茶を飲み始めたきっかけは、幼稚園のママ友に教えてもらった、どくだみ茶で子供(次男)のアトピー性皮膚炎が改善したからです。・゜・(ノД`)・゜・
とにかく痒い、痒いと肘の裏と膝の裏の曲がる所を掻きむしって、いつも血が出ていて、服が血で赤くなってました。

 

 

病院の皮膚科でいい薬があればいいのですが、くれるステロイド剤・副腎皮質ホルモン剤は、その時をよくするだけです。
決して完治しないのを私は、知っていました。

 

 

何故なら、私も幼児期から、小学6年生までアトピー性皮膚炎で、苦しんだからです。
夏でも半袖が着れませんでした。
特に私の場合、肘の裏の曲がるところのかゆみが半端ではなく、痒くて慣れないこともしょっちゅうでした。

 

 

心無い数人の男の子からのいじめも受けました。
腕が汚い、伝染るからあっちに行け、とかホントに辛かったです。

 

 

でも私は、中学に入った頃から、次第にアトピーが出なくなってきました。
そして高校生になった頃には、全くアトピーが出なくなったのです。

 

 

でも、私の息子(次男)はいつ治るかなんて、わかりません。

 

 

だから、現在子供のアトピー性皮膚炎が良くなったどくだみ茶を教えてくれたママ友に凄く、凄く感謝しているのです。

 

 

【↓↓ママ友が教えてくれたのはコレ↓↓】

 

 

 

 

【↓↓煎じ器なら有効成分を全部抽出↓↓】

 

どくだみ(ドクダミ)とは?

まずは、どくだみ(ドクダミ)とは一体どんな植物かをご説明します。

 

 

どくだみ(ドクダミ)はドクダミ科ドクダミ属に属し、生薬名は、ジュウヤク(十薬)といいます。

 

 

水気の多い土地でよく育ち、葉の形は、サツマイモの葉に似ており、茎は赤く、幹の先端から白いがくの
ある黄色の花を咲かせる多年草です。

 

 

どくだみ(ドクダミ)は生命力が非常に強く、第2次世界大戦時に広島に原子爆弾が投下され、多くの学者たちが、広島には、今後数年間で、植物は育たないだろうと予測していたが、原爆投下直後に唯一育った植物がどくだみ(ドクダミ)だったようです。

 

 

原爆で死んだ土地が、ドクダミの力で解毒され、再び青い草原になったといいます。

 

 

私は、この驚異的などくだみ(ドクダミ)の生命力と解毒力を知って益々どくだみに興味をもちました。

 

 

一般的などくだみ茶(ドクダミ)の効果・効能は、解毒作用が優れていて、外部から入ってきた毒はもちろん、体内で生じた毒、細菌毒までなくし、重金属を排出してくれるデトックス効果がよく知られています。

 

 

365日農薬を使用する必要がない無公害のハーブでデトックス作用のために食べても良く、塗ってもいいの副作用がなく、特にニキビなどに優れた治療効果がある。

 

 

昔からどくだみ(ドクダミ)を育てれば、周辺に虫がいなくなるって言われるほど、細菌やウイルスを殺菌する作用がつよい植物とあります。

 

 

そんな殺菌作用がつよいどくだみ茶(ドクダミ)は、アトピー性皮膚炎やニキビに非常に有効であると、漢方医学で認められている。

 

 

漢方薬の辞典では、血をキレイにして、炎症をなくし、尿の排出を助けると記されています。

 

 

その上、どくだみ茶(ドクダミ)は、体内の毒素を排出するデトックス・毒だし効果が高く、最近人気急上昇中です。

 

 

そんな、どくだみ(ドクダミ)は、茎や葉から魚の様な生臭い匂いがするのが特徴です。

 

 

その生臭くて飲みにくどくだみ(ドクダミ)を飲みやすくしたのが、私と息子が2年間飲んでるどくだみ茶です。

どくだみ茶の驚くべき7つの効果・効能とは?

今回は、どくだみ茶(ドクダミ)が持つ7つ効果・効能について紹介していきますね。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)解毒草 -いろいろな種類の毒を無くしてくれる効能・効果有り

 

 

どくだみ(ドクダミ)とは、毒を矯正するという意味で、外からの毒、体内の毒、細菌毒まで取り除くという解毒に良いハーブです。

 

 

万能一毒という言葉があるが、すべての病気が毒と呼ばれる一つの要素のために起こるという意味で、これらの毒をドクダミが除去くれるので、人体への健康を助けてくれる貴重な薬草であると漢方の文献に有り。

 

 

中国の本草綱目では、毒性のある重金属の毒を解毒・排出してくれると記録されており、中国の約植物図鑑などでも解読に良いハーブとして出ているよう国際的にも確認がされているハーブです。

 

 

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は、美容効果・効能が大 -お肌のトラブルが消えるくれる効能・効果有り

 

 

どくだみ(ドクダミ)の中の特殊成分「クエチートラン」が豊富で、毛細血管を拡張させてくれ血をきれいに肌の中独なくなり、日本では食用、美容ジェラ知られており、食べることのほか、「ドクダミ石鹸」、「ドクダミ乳液」、「ドクダミ化粧水」、「ドクダミ軟膏」など様々な美容製品に活用して、市販されている

 

 

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)で便秘解消 -腸内をきれいにしてくれる効能・効果有り

 

 

どくだみ(ドクダミ)には大障壁の毛細血管が復活して、腸をきれいにしてくれる効能がある。

 

 

つまり、女性が多く苦労する便秘や下痢などの病気にも良い効果があり、腸の調子を良くしてくれる。

 

 

また、大腸の中の悪い菌つまり、有害な細菌を除去し、有益な細菌を保護してくれて腸の機能を良くする。

 

 

 

 

どくだみ茶(ドクダミ) は血液をきれいにしてくれる効能・効果有り

 

 

ドクダミは、様々な文献に出てくるものを見ると、一様に血をきれいにしてくれるハーブという説明がある。

 

 

ドクダミの中の「イソクエチートラン」と「クエチートラン」に加えて「アルファ」の良い効能を有する物質が上昇し、毛細血管中の血液の運搬作用を助け促進させる効能に血液の新陳代謝が活発になり、血が綺麗なる。

 

 

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は利尿作用と尿を綺麗にして、水分代謝助けてくれる効能・効果有り

 

成分の中の豊富な「カリウム」と「イソクエチートラン」と「クエチートラン」の相乗作用で水分代謝が無理なく良くなる。

 

 

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)で消炎 -炎症を取り除いてくれる効能・効果有り

 

 

ドクダミは、食べたり、お茶にして飲んだり、患部に塗って傷に生じた炎症を取り除くのに良い薬草です。

 

 

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は細胞の再生を支援する効能・効果有り

 

食品として食べても飲んでも塗っても細胞の再生に役立つ。
日常的に、摂取していれば、細胞の上限組織の回復(抗がん)を助ける作用がある。

 

これらの内容の有効性は、漢方薬の大辞典にも確認されている。

 

今回私が調べたどくだみ茶(ドクダミ)の効能・効果は以上になります。

 

 

 

ママ友に教えてもらって飲み始めてはや2年になりますが、このどくだみ茶は、効果の高さと値段の安さで、超オススメです。

 

【↓↓ママ友が教えてくれたのはコレ↓↓】

 

 

 

 

【↓↓煎じ器なら有効成分を全部抽出↓↓】

 

【漢方医学】から見た、どくだみ茶の効果・効能・副作用のまとめ

 

ここからは、漢方医学でのどくだみ茶(ドクダミ茶)の効果・効能・副作用について、私が調べた文献を紹介すます。

 

 

どくだみ茶の効果・効能・副作用について詳しく知りたい人のお役に立てると嬉しく思います。

 

 

それでは、Aから順に紹介しますね。

 

 

A 便秘、肥満症に良いどくだみ茶(ドクダミ茶)

 

 

どくだみ(ドクダミ)(三百草)は済州島をはじめ、私たちの国南部地方の森の中の水気の多い土地でまれに育つ長くアレナリウムです。

 

 

茎は、30?90センチメートルであり、根は白く毛がある。

 

茎はまっすぐに伸びて葉の形は卵形であるが、初夏に茎の先端の花の下にある葉2?3個が白く変化する特徴がある。

 

 

花は穂の形に14センチ以上長く育ち、5?8月に花が咲いて9月に実を結ぶ。チョンソンチョ(天性草)、樹木通(水木通)などの複数の名前があ??る。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)は、<東医宝鑑>や<郷ジプソンバン>のような私たちの国の漢方医学の本に記録されていませんが、ほぼ万能薬だとするほど様々な病気に優れた効果を持ったハーブである。

 

 

中国の<あたり本草」や「本草スプユ>のような本草学の本では、種とそれぞれを治療し、大小便をよく出るようにして痰をサクイゴ詰まったことを開けてくれて胃の中に硬い塊をほぐし、沸騰や腫脹を治療すると記されている。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)は、薬理作用が驚くほど多様で優れている。

 

 

便秘、糖尿病、肝臓病、がん、高血圧、心臓病、婦人病、腎臓病など様々な成人病の予防と治療に著しい効果があることが分かった。

 

 

第一、どくだみ茶(ドクダミ茶)は便秘と宿便を取り除くために効果が卓越している。

 

*宿便は、頭痛、高血圧、肝臓病など万病の原因として知られているが、どくだみ茶(ドクダミ茶)に含まれているクエチートリン、イソクエチートリン、フラボノイドなどの成分が便通を良くする作用をする。

 

 

第二に、どくだみ茶(ドクダミ茶)は、暗号化と復号利尿作用が非常に優れている。公害物質による中毒、肝臓病により複数の車はに、腎炎、浮腫、種などの治療に効果がある。

 

*肝炎・肝硬変などの肝臓病や糖尿病の治療にも一定の効果があることが分かった。

 

 

第三に、高血圧、動脈硬化の治療と予防に効果が大きい。

 

*高血圧、動脈硬化は心臓病、脳卒中、脳卒中などの原因となる。

 

*どくだみ茶(ドクダミ茶)をいつも飲むと毛細血管が丈夫になり、血液中のコレステロール値が低くなる。

 

 

第四に、様々な婦人病に効果がある。

 

*オリモノ、生理不順、子宮脱出などを治療する。子宮が下に垂れて苦労していた奥さんが、どくだみ(ドクダミ)の根を煎じ水もち米炊き込み食べてよかった臨床結果が出ていて、その他の様々な女性疾患にも大きな効力を見たという記録がある。

 

 

第五に、炎症をなくし、抗癌作用が強い。

 

*中国に住んでいるバクスンシクという朝鮮族の女医は、どくだみ(ドクダミ)と草履のハーブなどを利用して、様々な末期癌患者80人を、90%以上の固定したという。特に肺がん・肝臓がん・胃がんの治療に効果が卓越しているとする。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)で難病を治療した事例が多い。

 

 

慢性的な頭痛、高血圧、慢性の便秘、気管支炎、悪性の水虫、心臓病、肥満症、中風に起因する歩行や言語障害、悪性にきび、慢性疲労、湿疹、皮膚病、火傷などのどくだみ(ドクダミ)を食べたりジトチトオ付ける方法でよかった記録がいて精力が良くなったという報告もある。

 

どくだみ(ドクダミ)は根、葉、茎、花全体を薬として使う。車で煎じて飲むこともあり、豆腐、豚肉などの料理に利用することもあり、生汁を絞って飲むこともできる。

 

 

酒に浸して食べることもあるが、一日10?20グラムを水で煎じて飲むのが最も一般的な服用法である。

 

 

粉を出して服用するときは、よく乾燥どくだみ(ドクダミ)を炒め、細かく粉を作っておき、一度に2?3グラムずつ、1日2?3回水に乗って食べたり、他の車と一緒に食べる。

 

 

どくだみ(ドクダミ)は、その効能と成分がいまだに未知のベールに包まれている無限の可能性を持つ神秘的なハーブです。

 

 

(文/韓国固有種のハーブ研究所会長チェジンギュ

 

 

 

 

 

 

 

B どくだみ(ドクダミ)の効果・効能・副作用について

 

 

◇ソンボングン教授プロフィール

 

?円光大学漢方大学教授(東洋医学博士)

 

?円光学校広州漢方病院6内科課長

 

中国の中の研究広安門病院客員研究員

 

美国テネシー州立大学医学部交換教授

 

 

どくだみ(ドクダミ)は、湿地で育っ根と葉そして花が白くしているので付けられた名前である。

 

 

どくだみ(ドクダミ)は、済州島と智異山の一部の地域では、私の多年生草本である。

 

 

主に湿気の多い渓谷の風がよく通じて空中湿度が高くバングヌルのところで50?100pの大きさに育つ。

 

 

どくだみ(ドクダミ)は、元の鬱陵島で自生することが知られている。最近では、安眠島や巨済島で自生することが知られており、日本や中国、ヒマラヤやJavaにも分布するという。

 

 

そして、日陰の森の中で育つ。

 

 

葉がソバの葉と似ているとしてヤクモミルという名前も持っていて、葉をこするとよく似て魚の臭みのような匂いがするとしてどくだみ(ドクダミ)(?腥草)という名前が付けられた。

 

 

そういえば、80年代半ばに、糖尿病はもちろん、様々な成人病に効果があるとどくだみ(ドクダミ)を大々的に宣伝して、多くの人々も、達人の水を配信受けていた時代を思い出す

 

 

そして程なくして、全国的にどくだみ(ドクダミ)の農場がたくさん増えたことも覚えている。

 

 

この両方が漢方医学で言う湿熱を取り除いてくれる代表的な薬剤である。

 

 

湿熱とは、体に理想的な反応の結果として作成された体液の成分が多く、最終的に炎症などの熱を作り出す病理機序に起因する代謝物質をいう。

 

 

一般的に湿熱の状態が長持ちしたら、体が肥大したり、筋肉に比べて肉が多い方であるか、主に熱心反応に起因する炎症や疾患が頻繁に発生する傾向があるようになる。

 

 

しかし、この二つの薬は、湿熱を除去して、体の中の炎症や各種異常反応で発生する熱を下げて、膿や炎症をなくしてくれて、尿をよく出るようにしながら、体に毒をなくしてくれる効能を共通に持っている。

 

 

ただ、どくだみ(ドクダミ)は、利尿効果が強い。

 

 

どくだみ(ドクダミ)は炎症を下げる効果が強い方である。

 

 

どくだみ(ドクダミ)に対して古い漢方医学書では、体が腫れる症状や足が腫れる病気に利尿効果を介して症状を改善させる目的で使用してきた。

 

 

また、黄疸や尿路の炎症で尿がよく出なかったり、痛みがありながら、頻繁に見ることになる疾患にも使用した。

 

 

炎症を取り除く効果が強いことを利用して、吹き出物や腫れ物を治療するのにも使用した。

 

 

さらには、赤痢、下痢や毒蛇にかまれた傷の治療にも使用した。

 

 

サーズが流行したときに、中国では、治療薬として、どくだみ茶(ドクダミ茶)を活用することも 実際のどくだみ茶(ドクダミ茶)は、様々な炎症を起こす原因の代表的な菌に対応する黄色ブドウ球菌やコレラ菌を抑制する効果が強い。

 

 

利尿作用も強い。炎症を抑える効果も優れている。 動物実験ではどくだみ茶(ドクダミ茶)に含まれているハイペリン成分を意図的に炎症を起こし、次投与した結果、1週間後に症状が完全に改善させた。

 

 

この成分は、咳を止める効能も持っていて、糖尿病でしばしば網膜や神経の損傷を引き起こす機序であるグルコースの変換を遮断する作用も持っているので、糖尿病性白内障にも効果がある。

 

 

そして、マラリアが多く、東南アジア地域では、マラリアに起因する症状を取り除くのにドクダミを活用する。寄生虫を取り除くのにも活用している。

 

最近の研究を見ると、ドクダミエキスは、アトピー性皮膚炎に効果があると報告されているが、アトピー性皮膚炎を起こすラットにドクダミエキスを8週間投与したところ、炎症を引き起こす体内の反応を抑制させて、皮膚の炎症はもちろん、角質などのアトピー性皮膚炎に起因するいくつかの症状がほぼ消失した結果を示した。

 

 

抗がん効果もあって肝臓や他の末期がん患者にも効果的だった報告もある。

 

 

ドクダミ達人水を長期間豚に投与した実験では、高脂血症や肥満の原因として指摘されている心血管疾患の原因とされるコレステロールや中性脂肪および低密度タンパクを著しく低下させる結果を見せたし、筋肉中の脂肪の含有量も減った。

 

 

したがって、どくだみ茶(ドクダミ茶)は、肥満や心血管疾患の予防にも効果的な薬剤であると言える。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)また、炎症を取り除く効果が強い。実験結果を見ると、ドクダミエキスは、各種の細菌を抑制する効果がある。

 

 

特に黄色ブドウ球菌や肺炎菌の抑制作用が強い。

 

 

だからペリョムや気管支炎がひどい場合、多くの場合どくだみ(ドクダミ)を煎じて飲むと効果が良い。 一時サーズが流行したときに、中国では、治療薬としてドクダミを活用したりした。

 

 

また、毛細血管を拡張させる効果がドクダミにはある。こうなると、腎臓に血流が増加することになるが、これすぐに多くの血液をろ過して尿をたくさん作るようになる結果をもたらす。

 

 

したがって、利尿作用を表示され、体が腫れる症状や尿路に炎症がある場合は、症状を改善させる効果を見ることができる。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)は、免疫系を刺激して、慢性気管支炎の患者の場合、白血球の食菌作用を増強させることが分かった。実験的にドクダミエキスは癌細胞を抑制する効果が強く現れた。

 

 

日本に行けば簡単に市販されているどくだみ茶(ドクダミ茶)を見ることができる。

 

 

日本では、どくだみ茶(ドクダミ茶)で様々な毒素を排出させてくれ体重も減らし、体を健康に保つという目的のダイエットで活用する。

 

 

 

 

 

 

 

C どくだみ茶の効果・どくだみ茶の効能について

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は、花と葉と根が白く書」どくだみ」と呼ばれます。

 

 

ドンウイボガムガグァ?は有名な漢方医学書に記録されていないが、各自己の病気を直してくれ、その効能が非常に優れて万能薬と呼ばれるほどに効能が良いそうです。

 

 

また、どくだみ茶(ドクダミ)は性質が冷たいので体が詰まったり虚の方々を除いては、どくだみ茶(ドクダミ)の副作用がないので、老若男女問わず多くの方々がお楽しみいただけます。

 

 

@ どくだみ茶(ドクダミ)に含まれる「クエチートリン」、「フラボノイド」、「イソクエチートリン」成分が豊富に含有されていますが、異性の方が 便秘を解消し、腸に溜まった宿便を除去し、腸内の有害細菌を排出てくれます。

 

 

A 着実に摂取する場合ジャグンヨム、子宮出血、冷遇、生理不順などの婦人病を予防、改善してくれます。

 

 

B どくだみ茶(ドクダミ)に含まれる「クエルセチン」、「クウェルシトリン」の成分が血管内にたまったコレステロールを効果的に排出してくれ、高血圧、動脈硬化などの血管疾患を予防するのに効果的です。

 

 

C がんの予防にもどくだみ茶(ドクダミ)の効能の一つです。抗がん作用が優れており、肺癌、肝臓癌、胃癌などの様々な癌を予防し、治療するのに効果的です。

 

 

D 皮膚を再生させてくれるどくだみ茶(ドクダミ)効能があり、湿疹や吹き出物のほか、様々な皮膚疾患や炎症を改善してくれます。

 

 

E どくだみ茶(ドクダミ)に含まれる「フラボン」と「タンニン」が毒素を排出し、血液をきれいにし、毛細血管を強化しています。

 

 

F 普段の体がよく腫れ、浮腫の症状がある場合は、ドクダミを煎じて召し上がると、体の熱を下げ、毒気を削除して症状の改善効果を期待することができます。

 

 

 

 

 

 

 

D どくだみ茶(ドクダミ)の効果・効能・副作用について

 

 

ドクダミ(三百草)は済州島をはじめ、私たちの国南部地方の森の中の水気の多い土地でまれに育つ長くアレナリウムです。
キーは、30?90センチメートルであり、根は白く毛がある。

 

 

茎はまっすぐに伸びて葉の形は卵形なのに初夏に茎の先端の花の下にある葉2?3個が白く変化する特徴がある。
花は穂の形に14センチ以上長く育ち、5?8月に花が咲いて9月に実を結ぶ。

 

 

チョンソンチョ(天性草) 、樹木通(水木通)などの複数の名前がある。根および種繁殖し、9月に種を収穫する

 

 

現在では、慶尚北道永川市普賢一帯で大量に栽培されており、その効能が優れており、秋の場合は、全国の漢方薬の商人たちが永川に集まってドクダミを購入している

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は、<東医宝鑑>や<郷ジプソンバン>のような私たちの国の漢方医学の本に記録されていませんが、ほぼ万能薬だとするほど様々な病気に優れた効果を持ったハーブである。

 

 

中国の<あたり本草」や「本草スプユ>のような本草学本書では、種とそれぞれを治療し、大小便をよく出るようにして痰をサクイゴ詰まったことを開けてくれて胃の中に硬い塊をほぐし、沸騰や腫脹を治療すると記されている。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は、薬理作用が驚くほど多様で優れている。便秘、糖尿病、肝臓病、がん、高血圧、心臓病、婦人病、腎臓病など様々な成人病の予防と治療に著しい効果があることが分かった。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は便秘と宿便を取り除くために効果が卓越している。宿便は、頭痛、高血圧、肝臓病など万病の原因として知られているが、どくだみ茶(ドクダミ)に含まれているクエチートリン、イソクエチートリン、フラボノイドなどの成分が便通を良くする作用をする。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は、暗号化と復号利尿作用が非常に優れている。公害物質による中毒、肝臓病により複数の車はに、腎炎、浮腫、種などの治療に効果がある。肝炎、肝硬変などの肝臓病や糖尿病の治療にも一定の効果があることが分かった。

 

 

高血圧、動脈硬化の治療と予防に効果が大きい。高血圧、動脈硬化は心臓病、脳卒中、脳卒中などの原因となる。どくだみ茶(ドクダミ)でかけていつも飲むと毛細血管が丈夫になり、血液中のコレステロール値が低くなる。

 

 

様々な婦人病に効果がある。冷大河、ジャグンヨム、生理不順、子宮脱出などを治療する。

 

 

高血圧、動脈硬化は心臓病、脳卒中、脳卒中などの原因とされる。どくだみ茶(ドクダミ)をいつも飲むと毛細血管が丈夫
になり、血液中のコレステロール値が低くなる。

 

 

子宮が下に垂れて苦労していた奥さんが、ドクダミの根を煎じ水もち米炊き込み食べてよかった臨床結果が出ていて、その他の様々な女性の病気にも大きな効力を見たという記録がある。

 

 

炎症をなくし、抗癌作用が強い。中国に住んでいるバクスンシクという朝鮮族の女医は、ドクダミと草履のハーブなどを利用して、様々な末期癌患者80人を、90%以上の固定したという。特に肺癌、肝臓癌、胃癌の治療に効果が卓越しているとする。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)で難病を治療した事例が多い。慢性的な頭痛、高血圧、慢性の便秘、気管支炎、悪性の水虫、心臓病、肥満症、中風に起因する歩行や言語障害、悪性にきび、慢性疲労、湿疹、皮膚病、火傷などのドクダミを食べたりジトチトオ付ける方法でよかった記録がいて精力が良くなったという報告もある。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は根、葉、茎、花全体を薬として使う。車で煎じて飲むこともあり、豆腐、豚肉などの料理に利用することもあり、生汁を絞って飲むこともできる。酒に浸してオリョネオ食べることもある。

 

 

一日10?20グラムを水で煎じて飲むのが最も一般的な服用法である。粉を出して服用するときは、よく乾燥ドクダミを炒め、細かく粉を作っておき、一度に2?3グラムずつ、1日2?3回水に乗って食べたり、他の車と一緒に食べる。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)は、その効能と成分がいまだに未知のベールに包まれている無限の可能性を持つ神秘的なハーブです。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)を飲むとじんましん体質を改善してくれる効果がありますが、胆汁の分泌を助けて着実に召し上がると、体質が改善され、じんましん体質から脱することができる。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ)には、鎮痛、消炎、止血ジャクヨクがあり、歯が痛くなったり、歯茎の炎症がある場合に良い効果を出すプルクンのイトモムガ文にも17%が含まれていく重要な効果を上げている

 

 

便秘と宿便を取り除くのに効果が顕著に、宿便は頭痛、高血圧、肝臓病など万病の原因として知られているが、どくだみ茶(ドクダミ)に含まれているクエチートリン、イソクエチートリン、フラボノイドなどの成分が便通を良くする作用をする。

 

 

また、体に膿がある場合でも、ドクダミの葉を日陰に乾かしてから、塩水に浸してから取り出し、膿の部分につけると、その次の日、膿が抜けて出てくる。特に青少年に一般的なニキビや膿混じりのニキビにも非常に良いです。

 

 

特に女性たちが葉で顔につけると、肌が滑らかになり、水分がしっとりと濡れと肌が本当に澄んで荷物を感じることができる

 

 

また、副鼻腔炎や鼻がマクヒョルときにドクダミを煎じコソクを洗浄すると鼻詰まりと同時に細菌も殺す非常に良いハーブです。

 

 

 

ドクダミを食用に利用

 

 

根をきれいに洗った後適当な長さに切って水気を絞る
フライパンに入れ、ごま油やエゴマ油などを食性に加えて炒める時、塩で味とされている、これを冷蔵庫に保管してご飯のおかずに食べてもいい

 

 

ワインを注いで漬けたどくだみ(ドクダミ)ワインは、食欲増進剤と便秘に非常に優れて便器が改善され、かなりの皮膚異常もよくなり、顔に色が回って体も温まって女性エク; 良いゴンジェサンでドクダミを購入して、流水できれいに洗って水気を抜いた後、湖の脱出を注ぎ、密閉容器に入れて冷蔵庫で一週間ほどおくとされている

 

 

炒めたどくだみ(ドクダミ)を細かく挽く1日2?3回、2?3Gずつ粉薬のように服用したり、暖かい水に溶かして飲んでもいい。この粉を味噌汁に少し入れたり、様々なハーブを和えるときの薬味で少しずつ入れてもいい

 

 

焼肉を測定するとき、たれに入れると、肉食で生じた弊害を減らすことができる

 

 

これは、葉に含まれているクエチェチン成分がコレステロールを減らすのに助けを与えタンニン成分が押されたり、弾肉の発がん性を抑制するためである

 

 

 

 

 

 

 

 

E 300種類の効能「どくだみ茶」お肌にも一番

 

茎や葉、花の3つが白く変化してドクダミ(三白草)という名前を持った。

 

 

また、300種類の病気を治すことができる能力があるとしてどくだみ(ドクダミ)と呼ばれては、これらの植物は根や葉、茎が次の材料がなって手軽に利用できるというのが長所である。

 

 

済州島をはじめ、南部地方の森の中水気の多くの土地で育つ無公害植物であるだけに、漢方では高血圧や成人病などの薬として使う。特に便秘がある方は、気が向いているのは、どくだみ(ドクダミ)には「クエチートリン」「イソクエチートリン」「フラボノイド」などの成分が十分に含まれており、便通を容易にするからである。

 

 

暗号化と復号利尿作用まで様々な分野で広く使われたこの植物は、歯痛が起こるとき、ドクダミ生葉を噛んでいると痛みがおさまると鎮痛剤の役割もした。

 

 

「本草スプユ」には「種とそれぞれを治療し、大小便をよく出るようにして痰をサクイゴおなかの中に硬い塊を解放する」と記している。

 

 

月経不順やオリモノなど女性の病気に広く有益薬剤でもある。

 

 

どくだみ(ドクダミ)を煎じ水洗顔をすると、ニキビがなくなってバスの数に混ぜると、肌が柔らかくツヤが戻って昔の王室では、女官たちが美肌の秘策に書いた記録も見ることができる。

 

 

根を乾燥粉末を作って水に乗って飲むか、ドクダミを煎じ水のように飲むと、毛細血管が丈夫になり、血液中のコレステロール値を下げてくれるとする。

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)、水600ccを中火でゆで、次の葉や茎と一緒に巻き込まれていたどくだみ(ドクダミ)10gを入れて火を消す。

 

 

10分ほどしておき、水だけ続くように2回以上繰り返した後、お茶を一点に混ぜて冷蔵庫に保管したが、水のように飲む。

 

 

茶色は薄茶でひそやかな香りは少しある。乾燥された茶葉は、市販で購入が可能だ。

 

 

 

 

 

 

 

F ドクダミの体内解毒の効能

 

 

私は子供の頃、気管支が弱い方なので風邪をひいて病院に頻繁に通い、症状がちょっとひどくなると、気管支喘息のような症状を経験してかなり大変な日々を過ごしました

 

 

病院に行ったとき、肺炎の症状があるようだと入院をするように話を聞いたこともありました

 

 

そうするうちに、小学校高学年になる頃には、体力ヒ少しずつ良くなり、風邪をひかないようしました」

 

 

しかし、健康に良くなかった私が、免疫力が良くなることができたのは、母方の祖母がこれを飲んでみてくれたことからだったんだと思う しまった、私は免疫力が良くなることができたのは、母方の祖母がこれを飲んでみてくれたことからだったんだと思う

 

 

初めて飲んだときは、特有の独特の味のために消極的でてましたが、どくだみ茶(ドクダミ茶)を毎日飲んでみると、ますます慣れてきて、今ではその味が恋しくなるほどで??すね

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)の解毒効果があると知ったのは大人になってからだった

 

 

いつからか解読という言葉が日常的に聞かれるようになったんです、体内から毒素や老廃物を排出するデトックス効果は古くから伝わってきたものです

 

 

子供の頃には、どのような効果があるのか??全く知らずにただおばあちゃんが体にいいから飲んでと言って飲んでたのに、今では、どくだみ茶(ドクダミ茶)の効能が体に感じられます

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)を飲み始めると、まず、尿の回数が増えますすぐに老廃物を排出するためのものですよね

 

 

飲み続けると尿の回数もますます安定化されるのは老廃物や毒素がある程度排出されたからだと思います

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)は日常的に継続服用しても全く違和感がありません。美味しく食べられますよ

 

 

そして、老廃物や毒素を取り除いてくれるのは、肌の美容にも効果的ですよね

 

 

お肌は、化粧品的に管理することも重要ですが、まずはその土台となる体の内側からの管理がより重要なことのようです

 

 

普段飲んでいる飲み物をどくだみ車変えるだけでお肌も体調もかなり異なることがあるはずだ

 

 

どくだみ茶(ドクダミ茶)で簡単に健康的に解毒効果を享受して健康になりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

G どくだみ(ドクダミ)効能、効果とどくだみ茶(ドクダミ茶)の酵素作成

 

 

どくだみ(ドクダミ)の効能・効果は、代表的に抗がん効果がある。国内漢方医学書だけでなく、隣国
中国でも本草学の本でどくだみ(ドクダミ)効能を扱っているが、尿不利、浮腫、それぞれ等その効能・効果が発揮されるという。

 

 

加えて、ドクダミの効能には、女性の子宮疾患、婦人疾患に役立つ多くなることが知られているが、特に多くの女性が悩まされている冷遇、月経ブンスンなどに効果があり、男性にも陰嚢皮膚炎にどくだみ(ドクダミ)効能が良いとする。

 

 

最後に紹介するどくだみ(ドクダミ)効能は、急性肝炎や黄疸にいいドクダミを煎じて食べればいいし、浮腫は前哨を10 g煎じて食べればドクダミの効能を見ている。

 

 

消炎、淋病、蓄膿症などにもどくだみ(ドクダミ)を煎じて食べれば効果を感じることがあるという。

 

 

どくだみ(ドクダミ)酵素作りは難しくない。春の前哨を採取し、瓶、どくだみ(ドクダミ)酵素作成に使用する樽に入れて黄砂糖と1:1の割合で入れて100日ほど発酵させた後、5ヶ月?1年以上熟成させると、ドクダミ酵素の作成終了!食べる時には酵素とミネラルウォーターを1:5の割合で希釈して食べるとドクダミの効能を見ている。

 

 

 

 

ママ友に教えてもらって飲み始めてはや2年になりますが、このどくだみ茶は、効果の高さと値段の安さで、超オススメです。

 

【↓↓ママ友が教えてくれたのはコレ↓↓】

 

 

 

 

【↓↓煎じ器なら有効成分を全部抽出↓↓】